》新型コロナ感染症対策への取り組みにつきまして

【初心者でも安心】あなたにピッタリな社交ダンス教室の選び方

「社交ダンスを本格的に習おう!」と教室を探してみると…意外とたくさんあって、どこにしようか迷ってしま方は非常に多くいらっしゃいます。迷いませんでしたか?

なぜなら、それぞれのダンス教室にいい点があり、どれも良いものに見える(実際、いい教室はたくさんある!)から。その中から、『自分に合ったダンス教室を探し出す』となると、なかなか見つけるのは難しいものですよね(汗)。

せっかく『社交ダンスを習おう!』と心に決めたのであれば、ぜひあなたの希望に合った、ぴったりの教室に出会って欲しいもの。そこで、この記事では『自分に合った社交ダンス教室を選ぶための判断基準』を解説してみました。

ぜひ参考にしてくださいね!

目次

自分に合った教室を見つけるための6の判断基準

では、さっそく本題に入りましょう。多くのダンス教室から『自分に合った』教室を見つけるには以下の6つの判断基準をチェックすることをオススメします!

  1. 教室の場所
  2. 習いたいものを提供しているか
  3. 講師の経験値、指導力、指導実績
  4. 教師との相性
  5. 教室の広さ、雰囲気
  6. 料金

とはいえ、上記だけでは『どのような観点で、その判断基準をチェックすればいいか』が分かりませんよね。ちゃんと1つひとつ解説していくのでご安心下さい。

1.教室の場所

とにかく(あなた自身が)通いやすい場所にあること!これが自分に合ったダンス教室を探すための絶対条件と言えます。

その理由は…ダンスの上達には、まず大前提として『定期的に通うこと』が不可欠だからです。

教室が通いにくい場所にあると、ちょっとしたことで通うのが億劫になりがち…。大げさに言うと、雨の日も風の日も通えるくらいの場所が適しています。

例えば、『距離的に離れていても電車一本で行けて、駅からも近い』というのも通いやすい教室と言えますね。

社交ダンス上達のベースは、やはり継続!教室を選ぶ時は、“苦がなく通える場所か”を1つの判断基準としてもちましょう!

2.あなたが習いたい内容を提供しているか

社交ダンス教室を選ぶ際には、必ず『あなたが習いたいと思っているものを、ちゃんとレッスンとして提供しているか』をしっかり確認するようにしてください。

当然ながら、他の条件が良くても『習いたいレッスンを受けられない』なら、そこはあなたにとって意味がない教室ですからです。

例えばレッスンの方法も『個人レッスン』や『団体レッスン』といった形で方式が違いますよね。種目もスタンダードなのかラテンなのか…初心者向けに強いのか経験者向けに強いのか、男性向けか女性向けか…などなど、一言で『社交ダンス教室のレッスン』といっても、選択肢が意外と多いもの。

『あなたのニーズに見合ったレッスンを提供している教室か?』

これは、ぴったりの社交ダンス教室を探す上で、外すことのできない判断基準の1つです!

3.講師の経験値、指導力、指導実績

担当してもらう講師の経験値や指導力、指導実績も重要な要素。

たとえば、あなたが受けたいレッスンに『レッスン内容は』ぴったりだったとしても、講師のダンスの実力がイマイチだったり、レッスン内容が薄いと‟自分に合った“とは言い難いですよね。

他にも、『社交ダンス歴が長く、大会実績なども豊富!…だけど、生徒指導歴が多くない』というケースなどもあります。このようなケースですと、やはり初心者の方がレッスンを受けるのに最適とは言い難いでしょう。

教師が競技会に出場している場合、ホームページのプロフィールでクラスを確認できますし、他には指導資格〇級なども参考になります。

繰り返しになりますが、社交ダンス上達の基本は『継続』。つまり基本的には『一度担当してもらったら長いお付き合い』になることが多いもの。あなたの受けたいレッスンに適しているか、だけでなく、そのレッスンに携わっている講師の経験や実績もしっかり吟味したいものですよね!

4.講師との相性

レッスン内容もバッチリで、講師の実力・実績とも良さげ…!となると、次に見ていただきたいのは『講師との相性』です。講師との相性は、楽しくレッスンを続けるうえで外せない基準になります。

いくら‟立派な講師“だとしても、あなたとの相性がよくなければレッスンでのやり取りがちぐはぐになってしまいます。ちぐはぐになれば技術の習得にも不具合が生じます。

そして何より、ダンスは技術だけでなく”気持ち”で踊るもの。踊る相手との相性が合わないのであれば気分も盛り上がらないので、ダンスそのものも楽しいと感じられなくなってしまうかも…。

教室を選ぶ際には、ぜひ『講師の方との相性』を意識してみてくださいね!

5.教室の広さ、雰囲気

せっかくなら、ダンスを習う教室の広さや雰囲気も気にしたいポイントの1つ。

やはり社交ダンスは『伸び伸び踊る』ことが楽しみの1つですし、上達のポイントでもあります。せっかく習っても伸び伸び踊れないようでは、楽しさも半減、上達にも支障をきたしてしまいかねません。

また、綺麗で清潔でオシャレといった『気分を上げてくれる』教室であることも、レッスンが長続きする秘訣かなと思います。

『やる気』を高く持ち続けるのは、結構大変なもの…。ぜひ、やる気を伸ばしてくれる/維持できる教室かどうかも、教室を選ぶ判断基準として意識しておきたいですね。

6.料金

やはり、これは判断基準として外すわけにはいきません!

『通い続ける』ということは、つまり『料金を払い続ける』ということですから。無理なくダンスを続けるための重要な要素です。

ホームページで料金が詳しく載せているところもあれば、曖昧なところも結構あります。もし調べても分かりにくかったら、電話やメールなどではっきりと確認することも大事でしょう。そこを遠慮して後で後悔なんてことが無いようにしたいものです。

ぴったりの社交ダンス教室を探す秘訣

ここまでで、あなたに合った教室かどうかを判断する基準はある程度分かって頂けたと思います。

では最後に、ある意味で‟一番重要なポイント“となる秘訣をお伝えします。それは…『必ず一度、教室に見学・体験レッスンに行ってみること』です!

Webの情報などで「あ、ここ良さそう (⾃分に合ってそうだな)」と感じても、実際に⾏ってみたら思っていたのと少し違う…ということはよくあるもの。

昨今は Web や電話だけで申し込 みが完結するような教室もありますし、Web サイトも充実しているため、ついつい『調べた情報だけで選ぶ』という⾏為をやってしまいがち。ですが、いざ習い始めて『思っていたのと違った!』という事態にならないためにも、ちゃんと⾒学・体験を受けてみることを強くオススメします!

(一度見学・体験してみることが既に億劫になる場合、そもそも『あなたに最適な判断基準』を満たしていない可能性があるかも知れません…)

あなたにピッタリな社交ダンス教室を選ぶ方法:まとめ

いかがでしたでしょうか?

私たちも社交ダンス教室を営んでいる立場なので言わせていただきますが、世の中には素晴らしい教室が本当にたくさんあります。ただ、それ故に、いざ習ってみようとすると「どの教室がいいんだろう?」と悩んでしまう人が多いのも事実。

ぜひ、今回の内容を参考に、『数ある素晴らしい教室の中で、‟あなたに”ぴったりの社交ダンス教室』を見つけてくださいね!

P.S.

私たちの社交ダンス教室も見学・体験レッスンを行っておりますので、もしも当教室に興味をお持ちいただけましたら、ぜひ一度お越しくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる